大堀相馬焼協同組合のページへようこそ。

福島県浪江町大堀地区に伝わる「大堀相馬焼」は、ひび割れ、二重焼き、駒の絵などの特徴を有し、町民はもちろん地域のみなさまに広く親しまれてきた伝統的工芸品です。2011年3月の東日本大震災と原発事故により、23軒あった窯元はすべて町外へ避難を余儀なくされましたが、一部の窯元は各地で窯の再建を果たしているほか、協同組合としても以下の業務を継続しています。どうぞお問合せください。

大堀相馬焼製品のご発注 大堀相馬焼全般について取材・視察などのお申込み イベント等への出展のご依頼 陶芸教室のご紹介
※二本松市に開設していた仮設工房・販売所・事務所は2019年3月末をもって閉所し、浪江町内での拠点再開を目指して準備を進めています。(2019年4月)