• お問い合わせ
  • 個人情報保護方針
  • サイトマップ
  • HOME

大堀相馬焼の職人

HOME > 大堀相馬焼について > 大堀相馬焼の特徴

相馬焼の特徴

大堀相馬焼は、東北ならではの豊かな風土により育まれた焼物です。
素朴な味わいの中にもぬくもりと親しみのこもったやさしさが感じられ一度見たら忘れることのできない強い個性をもっています。

青ひび

貫入音と共に「青ひび」といわれるひび割れが、器全体に拡がって地模様になっています。

走り駒

狩野派の筆法といわれる「走り駒」の絵で、相馬藩の御神馬を熟練された筆使いで手描きされています。

二重焼

第三に挙げられる珍しい特徴は「二重焼」という構造です。入れたお湯が冷めにくく、又熱い湯を入れても持つことができます。

“うつくしまの音30景”にも選ばれた美しき音色
貫入音(かんにゅうおん)

素材と釉薬との収縮率のちがいから、焼いたときの陶器の表面に繊細な音を伴って細かい亀裂が入ります。 これを貫入と呼びます。
大堀相馬焼は、この貫入によって「青ひび」の地模様が刻まれます。

貫入音を聞いてみる(wmaファイル1.9MB)

ぜひお越し下さい。陶芸の杜大堀

ページの先頭へ

大堀相馬焼協同組合