• お問い合わせ
  • 個人情報保護方針
  • サイトマップ
  • HOME

大堀相馬焼の職人

HOME > 大堀相馬焼について > 大堀相馬焼の歴史

大堀相馬焼の歴史

江戸の窯火を現代へ

大堀相馬焼は、福島県双葉郡浪江町大字大堀一円で生産される焼物の総称です。旧藩政時代には相馬焼と呼んでいましたが、国の伝統的工芸品指定以後は、産地名である「大堀」の名を入れた大堀相馬焼として広く知られています。

江戸時代からの歴史を持つ大堀相馬焼として広く知られています。

相馬藩では、これを藩の特産物にしようと産地に瀬戸役所を設置して、資金の援助や原材料の確保など保護育成に努めました。

これにより大堀の窯業は農家の副業として近隣八ヶ村に普及、江戸時代末期には窯元も100戸を超え、販路も北海道から関東一円、更には信州越後方面まで広がり、一大産地へと発展を遂げました。

その後、明治期から廃藩置県により藩の援助がなくなったことに加え、交通の発達による他産地との競合激化、さらには戦争による大きな打撃と、太平洋戦争の終結時まで大堀相馬焼は冬の時代を迎えました。しかし戦後、産地は強力に立ち上がりました。市場は国内はおろかアメリカにまで広がり、「アイディアカップ」、「ダブルカップ」という名称で愛用されました。

国の伝統的工芸品に指定

その後、昭和53年には国の伝統的工芸品としての指定を受けました。
そして平成22年1月には、「大堀相馬焼」が地域団体商標として商標登録され(登録第5295759号)、25軒の窯元が350年になんなんとする伝統を守りながら日々皆様に愛され親しまれる製品づくりに努力しています。

ぜひお越し下さい。陶芸の杜大堀

ページの先頭へ

大堀相馬焼協同組合